未払い残業問題について考える〜弁護士・社労士ディスカッションを通じて〜画像

未払い残業問題について考える〜弁護士・社労士ディスカッションを通じて〜

商品説明
■ 主な内容

【ディスカッションの内容】
1.現状の未払い残業代請求についての雑感
 ・裁判の実情
 ・中小企業の実情
 ・口頭約束の効果は?
2.実際に紛争に発展する過程で
 ・内容証明が届いたらどう対応すべきか?
 ・具体的な案件紹介
  二人の扱った実例から学び取れること
 ・ユニオン、労働審判、裁判、労働基準監督署の調査
 ・うつ病認定と長時間労働の関係
3.裁判(労働審判)時に会社に有利に働く点、不利に働く点
 ・裁判(労働審判)に臨む会社の心得
 ・心証の形成
4.紛争を未然に防ぐ方法、有効な対策方法
 ・固定残業制度の有効性と実際の導入方法
 ・みなし労働時間制について
 ・その他の対策
労働問題に強い弁護士と未払い残業問題に強い社会保険労務士がディスカッションという形で現状の未払い残業問題とその対策などについて本音で語っています。労働問題を扱いたい弁護士、未払い残業代問題を勉強したい社会保険労務士、自社の現状に一抹の不安を感じている社長さん、必見です。

■ 講師紹介(弁護士 辻角 智之)

平成 9年 3月 慶應義塾志木高等学校卒業
平成13年 3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
平成17年11月 司法試験合格
平成19年 9月 弁護士登録(東京弁護士会)
平成19年 9月 みらい総合法律事務所入所
取扱い案件は多岐にわたるが、労働問題(主に労働審判)を手がける回数が多く、迅速かつ正確な対応が求められる労働審判において企業から絶大な信頼を得ている。

■ 講師紹介(社会保険労務士 加藤 智則)

平成11年 3月 獨協大学法学部卒業
平成11年 4月 都内の建設会社に入社
平成12年 6月 大手社会保険労務士事務所に入所
平成14年11月 社会保険労務士試験に合格
平成19年 9月 ヒューマン・コンサル(加藤労務士事務所)開業
勤務時代から一貫して顧問契約を中心とした仕事内容のため、数多くの中小企業の悩みを解決してきた。労使紛争に発展してしまった際の対応に定評があるが、本人としてはいかに労使紛争に発展しない仕組みを作るかが重要であると考え、百社百様の会社にフィットした仕組みづくりに心血を注いでいる。
Copyright ©JSA(日本士業協会) All Rights Reserved.