IFRS講義4 DIVA編画像

IFRS講義4 DIVA編

商品説明
■ 主な内容

【目次】
1.IFRS の連結財務諸表と日本基準の連結財務諸表の差異
① 連結財務諸表の名称
② IFRS 、日本基準の各連結財務諸表の差異
2.IFRS 自主適用企業DIVAの連結財務諸表注記に基づきIFRS の説明と、IFRSと日本基準との個別の会計処理等の差異
・報告企業、作成の基礎、重要な会計方針(企業結合、外貨換算、現金、棚卸資産、金融資産、金融負債および持分金融商品、デリバティブ、借入費用、有形固定資産、無形資産、リース資産、減損、従業員給付、株式報酬、引当金、収益、法人所得税、1株当たりの利益、利益の配当、非継続事業、重要な会計上の見積もり)などについて
3.調整表
IFRSを自主適用した株式会社ディーバ(DIVA)。
IFRS適用により大きな影響を与えた項目として、福留先生は、
①税効果会計の適用
②固定資産の減価償却方法の適用
③有給休暇引当金の計上
④収益の認識方法の違い
を挙げ、詳しく説明している。IFRS導入を考えている小規模上場企業には大いに参考になるであろう。

■ 講師紹介(公認会計士 福留 聡)

1999年 慶應義塾大学商学部卒業
2002年 監査法人トーマツ入社
2007年 あずさ監査法人入社
2010年 福留聡事務所開業
国家公務員Ⅰ種試験経済職合格
公認会計士・税理士・ワシントン州米国公認会計士
Copyright ©JSA(日本士業協会) All Rights Reserved.