自分で特許出願書類を作成する!画像

自分で特許出願書類を作成する!

商品説明
■ 主な内容

■特許出願をするために必要なもの

■願書とは
■特許請求の範囲について
■明細書について
■図面について
■要約書とは
■特許制度の趣旨
■請求項の記載のコツ
■発明の特定
■実際の文章構成
自分で特許出願をする際のコツを現役弁理士が語ります。法律では規定されていない、ちょっとしたことを意識するだけで、審査や権利行使の段階で大きな差が出ます。

■ 講師紹介(弁理士 丹羽 匡孝)

・私立 早稲田高校卒業
・東北大学工学部機械工学科卒業
・東北大学大学院工学研究科機械工学専攻(修士)修了
 (人工血管などの内部を流れる流体の挙動に関する研究)
・製薬・診断薬会社にて、診断装置の研究開発、治療薬製造機械の開発などに従事
・青和特許法律事務所にて12年間勤務
国内及び外国特許の出願及び中間手続、鑑定、侵害訴訟などを主に担当
  国内出願実績 400件以上
  (特許技術者として又は他の代理人名義も含めると600件以上)
  外国出願実績 150件以上
  (アメリカ、EP、中国、台湾、韓国、マレーシア、オーストラリアなど)
   *特に米国特許に精通
・2007年 米国にて米国特許事務所主催のSummer Training Programを受講
・現在、たんば特許事務所の代表を務める
「弁理士というと、どうもお高い存在だ」、そんなイメージを払拭させるべく個人での開業を決意した。お客様の目線に立ち、内容の説明や対応策の提案をし、疑問には親切丁寧に答える姿勢は、まさに今までの弁理士のイメージを払拭している。
Copyright ©JSA(日本士業協会) All Rights Reserved.